若石健康法とは?

若石(じゃくせき)健康法とは、足部にある64ヶ所の「反射区」というゾーンを刺激して、血液循環を促進させ、病気予防や健康維持を図る健康法です。

 

1970年代に台湾在住のスイス籍の神父「ジョセフ・オイグスター」(中国名:呉 若石)氏が、自分の足をもんで持病のリューマチを克服したことがきっかけとなり、台湾全土で足裏健康法のブームが起こりました。

これを理論体系化して、1982年に国際若石健康研究会が設立されました。

 

若石健康法は、現在世界48の国と地域に普及しており、1990年に行われた世界大会では、WHO(世界保健機関)にも賞賛されました。

 

詳しくは、日本若石健康研究会のホームページをご覧ください。

 

日本若石健康研究会 http://www.jakuseki.jp

若石健康法との出会い

私が若石健康法に出会って、足もみのスゴさを感じたのはとても単純なことでした。


「若石健康法との出会い」のページへ


若石健康法の効果

若石健康法の効果は、次のようなものがあります。


「若石健康法の効果」のページへ

若石健康法の活用

若石健康法は、様々な視点で活用することができます。

 

「若石健康法の活用」のページへ